ファーストチョイスのキャットフードはどう?

By | 2016年8月15日

cat-1455463_640

ファーストチョイスとは本当に猫の健康につながるのか?

カナダ生まれファーストチョイスのキャットフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアし、「健康管理フード」と言われています。厳選された高品質素材を使用し、消化吸収に優れ、健康はな排便を促すが特徴です。また猫に必要なタウリンなど必須アミノ酸、ビタミンAも配合。抗酸化剤は自然由来のものを使用し合成着色料や合成香料は無添加なのも安心できる特徴です。では、実際に猫にとってベストな材料で出来ているのか?成分表をみることでわかります。原材料は、成分が含まれる割合順に記載されているので順番にみていきましょう。

確かに保存料や添加物は使われていないけど・・・・

ファーストチョイスのキャットフードの成分表の筆頭は「チキン」です。タンパク質は猫の成長を支える重要な栄養素ですので、高たんぱくなフードを選ぶ必要があります。良質なタンパク質であるチキンが一番多く含まれるというのは魅力的です。実際、「ねこ元気」は穀物が筆頭となり、次に肉類となっています。ちなみにシーバも「肉類」が筆頭となっていますが気になるのが「豚副産物(豚の肉以外の部分)」「ささみエキス(ささみではない)」など肉そのものではないことです。
添加物や保存料の記載もなく安心できますが、心配なのは玄米・コーンなどの穀物が2番手、3番手に記載されていることです。肉食の猫にとって穀類は、消化不良やアレルギーを引き起こすこともあり注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です