ネズミ駆除は健康を守ることだけじゃなく家屋も守ることになる

ハクビシンの被害

exterminator

近年では、ハクビシンの害獣による被害が都会でも年々増えてきています。ネコ科の小動物で家屋に住み着くと糞や尿を大量にされてしまい、糞を大量にしてしまうことで天井が重みで抜けてしまう場合もあります。

Read More

相次ぐトラブル

exterminator

近年、都会の住宅でもハクビシンのトラブルが相次いでいます。見た目は猫に似ている生き物ですが、ハクビシンが住み着くことによって様々な問題を人間にもたらせます。その1つに、糞や尿には多くの雑菌が繁殖しているためです。

Read More

騒音の問題

exterminator

イタチは、春頃になると繁殖期に入り、繁殖は人の目触れない場所で行われます。天井や床下などで行われることもあり、身体の大きい親イタチの出入りが激しくなると騒音問題も起きてきます。

Read More

ネズミの被害

ネズミと人間との関係

その旺盛な繁殖力と強靭な生命力によって、あらゆる環境に適応しているネズミ達。彼らと人間とのかかわりは太古の昔からのことで、多くの場合はネズミは人間生活に被害をもたらす害獣として認識されてきました。ネズミによる人間への被害として基本となることに、大切な食料を食い漁る食害という被害があります。個人宅に侵入して食べ物をあさる場合もあれば、共同体で管理する蔵などに侵入して食べるという場合もありました。こうした被害から防ぐために、古代の日本では穀物を貯蔵する建築物は高床にして、さらに地面に立てた柱にネズミ返しを設けるなどして対処しました。また現在日本中で見られる猫(イエネコ)は元々日本におらず、ネズミ駆除を目的に船に乗せられていた個体がそのまま日本に定着した存在です。こうして人間とネズミとは、建築物や生態系にも影響を与えるほどの大きな関わりを持ってきました。

ネズミ駆除の今後予測

かつて衛生環境が整っていなかった頃には街中いたるところにネズミが出没して、多くの日本人にとって身近な動物でした。一般家庭でもネズミ駆除用に殺鼠剤を、日常的に置いているような状況も珍しくはありませんでした。現在衛生環境が改善されたことによって、民家においてその姿を見かけることはほとんどありません。しかし依然として街中ではあちこちに出没して、特にビルなどが乱立する都会においてその被害は増えている状況です。これはかつて一般的に街中にいたネズミとは異なる種類が、都会の環境に適応したためです。クマネズミというそれらは都会において生息域を着実に広げていて、現状ネズミ駆除において主な対象となっています。またクマネズミの仲間には殺鼠剤に用いられる毒に対して耐性を持つ個体も確認されていて、今後こうした個体が増えていくことはネズミ駆除を難しくさせる要因となると予測されます。